購入するとなれば…

納骨堂を購入することについて

納骨堂を500万円からそれ以上の金額でお寺などが売り出しています。都内などでもチラシ広告に載ってくるほどに納骨堂を売り出すようです。 故郷にお墓がある場合でも将来的に帰ることがない場合は故郷のお墓を引き払い納骨堂を購入するほうがその後自分たちの子供たちが引き継ぐにしても利便性などの面から購入するようです。 お寺などでは永代供養として年間に数十万円支払うことでお経などもあげていただけるために先祖の墓が遠いところにある場合は納骨堂のほうが自分たちがお墓参りができるときに行けるために納骨堂を購入する方がいます。最近はお墓参り自体に行かない方もいるのでそういう意味では納骨堂のほうが定期的にお寺がお経などをあげていただけることになります。

納骨後のいろいろなことについて

仕事などを理由にお墓参りに行けない方にとってはお寺などが売り出す納骨堂を購入した後に年間に何十万円かかるにしても祖先の供養などを定期的にしていただけることを考えればよいと言えます。 祖先のお墓があっても無縁仏のようになり構わないよりは納骨堂を購入した方が良いと言えます。 本当は親子や家族で定期的にお墓参りをすることは祖先とつながることを考えれば重要です。しかしその習慣がないままに大人になった方にとってはお墓参り自体が縁のないことです。 口でいくらお墓まりの重要性を言っても意識がない方には難しいようです。 そういう意味でも祖先の供養を一番に考えるのであればお寺などの納骨堂を購入することなどを考えることも重要です。