家族葬とは

ある葬儀社から始まった呼び名

近年注目を集めている葬儀スタイルに家族葬というものがあります。もともとはある葬儀社が使用したネーミングだったのですが、今となっては全国的に普及していて、少人数で行う葬儀スタイルの代表例としても使用されている言葉です。この家族葬は、文字通り家族のみで葬儀を行うことを指します。家族に関する明確な定義がないため、故人のきょうだいや親友などごく近しい方が参列することも多くあります。 家族葬というと、以前は人付き合いの少ない方や身内の少ない方など特定の方が執り行う葬儀スタイルでしたが、近年では広く認知されていることもあり様々な方が利用しています。とはいえ、家族葬を執り行うには、参列をお断りする方が出てくる場合がほとんどですので、最低でも親戚一同の同意が必要です。

少人数での葬儀が人気の時代に

近年の家族葬の大きな特徴は、経済的な理由から家族葬を選択する方が増えているという点です。一般に、葬儀費用は参列者の人数によって左右される部分が大きいため、少人数で執り行う家族葬は費用を抑えることができます。そのため、葬儀費用をおさえたい、費用が用意できないという方々の指示を集め、家族葬の件数そのものも増価傾向にあります。ニーズの高まりを受けて、葬儀各社でも家族葬プランと題して格安での葬儀プランを用意するところも増えていて、15〜20万円といった低資金でも実施が可能となっています。こうした傾向は今後も続くとみられていて、費用の面で家族葬人気は継続すると予想されています。 もちろん、費用以外のメリットもあります。参列者の対応がなく、葬儀そのものの準備も簡略化されることから、遺族の精神的・肉体的負担が軽減されるのです。故人をしのぶ時間がゆっくりととれるのも大きなメリットなのです。